健康やダイエットに玄米がいいということはよく聞きましたが、 これがなかなか炊くのがめんどくさかったりして、 そして何より美味しくないということで、家族(特に子供)からの反発もあって なかなか続けることができませんでした。 そんな中、定期健診で血圧は高いは、尿酸値、肝機能も黄色信号・・・・ まさに生活習慣病のデパートになってしまいました。 (もちろんメタボ) このままではヤバイ。 何とかせねばならないと思っていたときに見つけたのが 「玄米まるごと玄煎粉」でした。 これは玄米が粉になっているので、炊く必要もがないし、 何といっても家族に嫌な思いをさせずに済みます。 これはいいということで早速注文してみました。 現在、朝だけですが玄米食を実行しています。 このブログでは、「玄米まるごと玄煎粉」の魅力を 玄米食生活を通して紹介していきたいと思います。

2011年06月25日

玄米まるごと玄煎粉で親孝行

今日は久々に里帰りしています。
帰って74歳になる母が開口一番。
「あれ、やっぱりいいね〜」
そうです。あれというのは「玄米まるごと玄煎粉」のことです。
両親の健康のために勧めた「玄米まるごと玄煎粉」ですが、
母が気に入ったらしく。
「ほら、肌がすべすべ」
と嬉しそうに笑っていました。
写真でお見せできないのが残念ですが、
確かに母は年齢にしては若く、はつらつしています。
いつまでも元気で、はつらつとしていてほしい。
それが子供の願いです。
それにしても「玄米まるごと玄煎粉」で親孝行ができるなんて、
なんだか嬉しいですね。
これからも多くの人に「玄米まるごと玄煎粉」を広めていきたいと思います。

追記

母は「玄米まるごと玄煎粉」に黒蜜や蜂蜜を混ぜて食べているそうです。
母曰く、黒蜜や蜂蜜を混ぜると食べやすくなるとのことでした。

6.gif
posted by 玄煎粉大使けいご at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

川崎港東扇島のアイナメとアサリからセシウム検出―放射性物質と玄米

私がよく釣りに行く東扇島。
その場所で採れた魚介類から微量のセシウムが検出されたそうです。
幸い微量とのことなので、健康に問題はないそうなんですが、
やはり気になるところです。

川崎市は3日、川崎港に生息する魚介類4種類を対象に行った放射能濃度の検査結果を発表した。アイナメとアサリから微量の放射性セシウムを検出。食品衛生法上の暫定基準値を下回っており、食べても健康に影響はないとしている。
 5月31日に採取したアイナメ、カサゴ、アカエイ(東扇島防波堤付近)と、2日に採取したアサリ(東扇島東公園人工海浜)を検査した。放射性ヨウ素はいずれも不検出。セシウムはアイナメが1キロ当たり28・3ベクレル、アサリは12・1ベクレルだった。


でも、玄米に含まれるフィチン酸という物質が、放射性物質を体外に排出する作用があるとされているので、毎朝「玄米まるごと玄煎粉」を食べている私としては、二重の保険をかけた気分でさらに安心です。

玄米の摂りすぎは、同様の作用によるカルシウムやミネラル不足になるので注意だそうです。なにごとも適量が大切。「玄米まるごと玄煎粉」では、一日2食を推奨しています。

玄米まるごと玄煎粉 通販なら「玄米屋けいご」
posted by 玄煎粉大使けいご at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。